~DIYトマブロ~

趣味(DIY、熱帯魚)・子育て・日記ブログ

マイカー”WISH”いじり

今日はマイカーいじりをします

なぜかと言うと外気温・車内温度調節等の液晶がこんな風になってしまったからです

真ん中の線が一本無い状態に(>_<)

外気温は多分22か23度…(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190806204116j:plain

でも僕にはこれを直すスキルは無いので壊れたついでにパネルのLED打ち替えをしたいと思います♪

まずはパネルを外していきます

f:id:t-nrm:20190806204434j:plain

パネルの隙間に指をかけて引っ張れば外れます

f:id:t-nrm:20190806204521j:plain

外したらこんな感じです

配線だらけ(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190806204637j:plain

ほとんどの配線は上に付いているナビ用の配線なのでパネルの電源・制御線はコネクタ1個で繋がっています

f:id:t-nrm:20190806204730j:plain

爪を押しながら引っ張れば外れます

f:id:t-nrm:20190806204906j:plain

パネルカバーから基盤部分を外します

f:id:t-nrm:20190806205005j:plain

ビスが6本程付いてるのを取れば外れます

f:id:t-nrm:20190806205125j:plain

ビスが外れたら表のボタン類を外します

f:id:t-nrm:20190806205237j:plain

温度調節用ダイヤルは普通に引っ張れば外れます

f:id:t-nrm:20190806205325j:plain

他のボタンも真っ直ぐに引っ張れば大丈夫です

f:id:t-nrm:20190806205432j:plain

こんな感じで外せばもうOKです

f:id:t-nrm:20190806205522j:plain

外れました

f:id:t-nrm:20190806205613j:plain

爪が表裏3か所あるので爪を押して外していきます

f:id:t-nrm:20190806205706j:plain

爪を外して開くと基盤が3枚でてきます

f:id:t-nrm:20190806205826j:plain

ケーブルコネクタで繋がっているのでラッチを手前に引いてからコネクタを引っ張れば外れます

f:id:t-nrm:20190806205955j:plain

これでパネルに付いているLEDを打ち替えできる状態になりました♪

f:id:t-nrm:20190806210119j:plain

結構前に”草心デジタル”さんから買ってあった3216サイズのLEDです

白、青、赤です

f:id:t-nrm:20190806210302j:plain

画像を印刷して打ち替えるLEDの色を決めました

f:id:t-nrm:20190806210503j:plain

白・青をメインにハンダ付けしました

試験点灯です

点かないLEDが数個あります(>_<)

f:id:t-nrm:20190806210653j:plain

一応完成ですが基盤から純正LEDを外す際に何か所か熱を加え過ぎたのかテスターで電圧を測っても無反応になってしまった箇所が出来てしまいました(>_<)

f:id:t-nrm:20190806210827j:plain

パネルを組みなおして点灯

f:id:t-nrm:20190806211120j:plain

点灯している部分はムラも無くキレイに光りました(*^_^*)

でも液晶部分のバックライトまでは勇気が無くて辞めました(^^ゞ

どうせ壊れているのでやっても良かったんですが久しぶりにハンダ付けして疲れました

f:id:t-nrm:20190806211213j:plain

点かないLEDは又別に電源を引っ張って点くようにしたいと思います

今日はここまでにします(^^ゞ雰囲気が変わって満足です

これが元々なので4か所点いてないのが解ります

やっぱり全部緑よりは良いですね(*^_^*)

f:id:t-nrm:20190806211616j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600

白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600

 

 

 

失敗だらけの自作PC No.2

前回の続き

新しく注文しなおしたPCケースが届いたので早速組みなおしていきます

今回注文しなおしたのはCooler Master MB600Lです

ミドルタワー型今回は5インチのドライブベイがちゃんと付いてます♪

f:id:t-nrm:20190715173006j:plain

水冷ファン・ゲーミングマザーを搭載する為、横はアクリル板になっていて中を見せれるようにこのタイプにしました。

f:id:t-nrm:20190715173424j:plain

まずはATXマザーボード用の穴にスペーサーのネジを入れて行きます

f:id:t-nrm:20190715173610j:plain

ボケてますがネジを取り付けてから取り付けた方がやりやすいです

スペーサーをガッチリ入れてから頭のビスを外します

全部で9か所ありました

f:id:t-nrm:20190715173757j:plain

マザーボードをスペーサーの上に載せます

f:id:t-nrm:20190715174105j:plain

次はCPUを装着します

f:id:t-nrm:20190715174544j:plain

爪を外して持ち上げます

f:id:t-nrm:20190715174639j:plain

間違って6700Kを頼んでから8700に取り替えてもらったやつです(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190715174717j:plain

この向きで装着すれば切り欠きの位置がピッタリです

f:id:t-nrm:20190715174839j:plain

いつもこのCPU取り付けてレバーを下げる時は緊張します

多少ガリガリ感があって気持ち悪いです(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190715174936j:plain

メモリです。メモリの上部にLEDが付いていて白く光るみたいです

f:id:t-nrm:20190715175114j:plain

4スロットあるので1番目と3番目に挿せばOKです

f:id:t-nrm:20190715175239j:plain

ビデオカードの取り付け

今回のPCケースはビスタイプになっているので前回のパキパキ外すタイプよりこっちの方が良いですね 2か所占有するので外します

f:id:t-nrm:20190715175429j:plain

準備完了!

f:id:t-nrm:20190715175826j:plain

背面から見たらこんな感じです

f:id:t-nrm:20190715175915j:plain

ビデオカードがデカイので先に取り付けられるケーブルを付けた方が作業がやりやすいので先に電源を取り付けます

f:id:t-nrm:20190715180025j:plain

下の部分もメッシュになっているので排熱性能は良さそうです

電源取り付け用プレートがあって、手で回せるビス2本外せば電源が外れるようになっているので後でケーブルを足したい時に便利

f:id:t-nrm:20190715180158j:plain

プレートにはビス4本で取り付け

f:id:t-nrm:20190715180515j:plain

必要な電源ケーブルを挿して使う電源ですのでまずは最低限のケーブルのみ付けておきます。

f:id:t-nrm:20190715180617j:plain

電源取り付け終了したので配線していきます

CPU電源

f:id:t-nrm:20190715180741j:plain

マザーボードにはCPU電源を挿すところが2か所ありますがオーバークロックで使用しなければ1か所挿しで十分です

f:id:t-nrm:20190715181248j:plain

メイン電源も装着 爪の位置に気を付けて結構力入れないと奥まで入らないのでちゃんと爪に掛かるまで入れます

f:id:t-nrm:20190715181711j:plain

ケースに付いているスイッチやLEDのケーブルも装着します

f:id:t-nrm:20190715181909j:plain

HD AUDIOケーブルも装着

f:id:t-nrm:20190715183028j:plain

最近老眼がひどいので一番嫌な作業かも(^^ゞ

POWERスイッチは短絡させれば良いので場所さえ合ってれば向きは関係なく使えます

LED類は極性に気をつけましょう

f:id:t-nrm:20190715183122j:plain

前面パネルを外してBDを装着します

パネルは力任せにバキバキと外していきます

ケーブルも付いてくるので完全には外れません

f:id:t-nrm:20190715183421j:plain

中から見たらこんな感じなんですが…

またまた失敗???(@_@;)マザーボードに当たってます(>_<)

f:id:t-nrm:20190715183620j:plain

結構はみ出しています(>_<)

こんな事あるんですね…初めてです

取り敢えずどうしようもないのでこのまま組んでいきます

f:id:t-nrm:20190715183759j:plain

背面部にCPUファン用のステーを取り付けます

LGA1151用の場所です

f:id:t-nrm:20190715183941j:plain

事前に一度取り付けているのでそのまま付けます

ホース部がある程度可動するので丁度良い位にホースの位置を合わせてからCPUに載せます

f:id:t-nrm:20190715184112j:plain

CPUにグリスを米粒大位の大きさを中央に出してからポンプを載せます

f:id:t-nrm:20190715184302j:plain

前回学んだファンの風向きに気を付けてフィルターに2基取り付けました

f:id:t-nrm:20190715184440j:plain

水冷ファン・ビデオカードを取り付け完了しました♪

これで一応完成です(*^_^*)

結局BDは寸法の短いのが家に買い置きがあったのでそれに替えました

f:id:t-nrm:20190715184705j:plain

電源ON!! あれこれ光ってキレイです♪

f:id:t-nrm:20190715184923j:plain

水冷ファンにLEDコントロールスイッチが付いていて7色に変化できます

f:id:t-nrm:20190715185037j:plain

この後モニターに接続してOSWin10⇒各ドライバーをインストールして無事完成しました(*^_^*)

f:id:t-nrm:20190715185216j:plain

色々ありましたがなんとか完成しました(^^ゞ

やっぱり数年作って無かったので最近の仕様についていけませんでした

また勉強になったので今度は自分用に最新パーツで組んでみたいと思います♪

人のを作ると欲しくなりますね(*^^)v



 

 

失敗だらけの自作PC

久々に知人から自作PC作製の依頼が来たので紹介させていただきます♪

紹介といっても備忘録的にざっくりとですが何かのお役に立てれば幸いです(^^ゞ

構成は下記を注文しました。

 

用意した各パーツです

 

ビデオカードZOTAC GeForce GTX 1070 AMP

マザーボードMSI MEG Z390 GODLIKE

HDD:Sea Gate 2.5SATA3 1TB5400rpm128M7mm

PC ATX電源:オウルテック AU-750M

CPU:Intel Core i7-6700k

メモリ:PC4-25600 8GB デスクトップ用×2

SSD:CFD CSSD-S6B240CG3VX

内臓用ブルーレイディスク:Pioneer BDR-212BK/WS

PCケース:DEEPCOOL MATREXX 55 ADD-RGB WH

水冷CPUファン:Cooler Master MasterLiquid ML240L

OS:Windows 10 Home 64bit

 

今回は20万円以内で事務処理用PCという依頼でしたが、金額が結構高めなのでCPUファンを水冷にしてみました。

多分事務処理用としてはかなりのオーバースペックですね(^^ゞ

では早速組んでみます

 

PCケースはDEEPCOOL MATREXX 55 ADD-RGB WHです。

横のパネルは強化ガラスになっているので結構重いです

正面に薄っすら見えている所にファンが3基付けれます

f:id:t-nrm:20190705124049j:plain

多少スモークがかっています。手で回せるビス4本で外れます

f:id:t-nrm:20190705124254j:plain

背面パネルを外すとこんな感じでスペースがあり裏配線が出来ます

最近のATXケースはこういうの多くて良いですね組みやすいです♪

f:id:t-nrm:20190705124451j:plain

強化ガラスパネルを外した所で・・・・だああああああ!!!

ある事に気付きました(@_@;)

5.5インチベイが無い??アホですねちゃんと調べないで買っちゃいました

ビデオカードと水冷ファンが付くようなスペースのあるケースって事しか頭にありませんでした。。。

f:id:t-nrm:20190705125125j:plain

まあでもケースは自分でも1個欲しかったので返品はしないで、取り敢えず内臓BD無しで組んでみます。

マザーボードMSI MEG Z390 GODLIKEです。

最近のは色々な機能が付いていますね(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190705125625j:plain

 付属品も沢山入ってます(^^ゞ

M.2 Xpander-Z、Pascal世代SLI用HB Bridgeアダプタ、無線LANは“Killer xTend”

等 宝の持ち腐れになりそう

f:id:t-nrm:20190705130003j:plain

結構スペース的には余裕がありますね

f:id:t-nrm:20190705133303j:plain

背面 I/Oパネルはこんな感じです

HDMIのジャックが無いんですね

買ってから色々気付いています(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190705133509j:plain

電源はオウルテック AU-750Mにしました。

f:id:t-nrm:20190705133750j:plain

背面にある隙間から電源本体を入れます

f:id:t-nrm:20190711155823j:plain

ビス穴が4か所あるので留めていきます

f:id:t-nrm:20190711155937j:plain

電源ケーブルを繋ぐ事があると思うので、取り敢えず仮留めで動かないようにだけ2本取り付けます

f:id:t-nrm:20190711160058j:plain

CPUは Intel Core i7-6700kです

ここで色々な注文ミスが発覚してうろたえます(>_<)

まずPCケースに5.5インチベイが付いてませんでした…

組立依頼にBD(ブルーレイディスク)が欲しいということだったので、内臓BDを注文済みでした…

それとマザーボードが対応しているCPUが第8・9世代のCPUなのでこの6700kではダメでした(>_<)

f:id:t-nrm:20190714094653j:plain

どうしようも無かったのでCPUは i7-8700 に取り替えてもらいました

PCケースは自分用に後で使う為、別に注文しました。

Cooler Master MB600L

  ↓↓ これです

Cooler Master MasterBox MB600L Red ミドルタワー型PCケース  CS7067 MCB-B600L-KA5N-S00
 

PC4-25600 8GB デスクトップ用×2メモリです。

f:id:t-nrm:20190714095842j:plain

水冷CPUファンはCooler Master MasterLiquid ML240Lにしました

部品いっぱいで説明書が英語で簡易的なものしか入っていないのでちょっと不安になりました。

f:id:t-nrm:20190714100101j:plain

背面に取り付けるステーにビス4本入れてビス留めの短いプレートみたいのを挿しこんでビスが落下するのを防ぐようになっているみたいです

f:id:t-nrm:20190714100314j:plain

CPUに取り付ける本体にもビス取り付け用のステーを装着します

f:id:t-nrm:20190714100519j:plain

これで良いのかちょっと不安…

f:id:t-nrm:20190714100757j:plain

フィルターにファン2台を取り付けます

結構デカイですね(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190714100917j:plain

風を排出する為この取り付けは逆ですね(^^ゞ

後でやり直しました

f:id:t-nrm:20190714101057j:plain

8700のCPUが先に届いてPCケースがまだ届くまで時間がかかるみたいなので取り敢えず組んでOSのインストール迄、済ませたいと思います

メイン電源接続して他のケーブルも繋いでいきます

f:id:t-nrm:20190714101354j:plain

水冷ファンも取り付け完了!!

f:id:t-nrm:20190714102427j:plain

ビデオカードZOTAC GeForce GTX 1070 AMPです

これもデカイ!(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190714102740j:plain

背面スロットは2か所占領です

f:id:t-nrm:20190714102913j:plain

威圧感がすごいです(^^ゞ

ビデオカードを取り付けてからの配線は無理ですね

別電源も2か所供給します

f:id:t-nrm:20190714103046j:plain

ここまで取り付けて後は新しいケースが来るのを待ちます

OSインストール迄の予定でしたが、ここで一度辞めました

間違いだらけで結構疲れました(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190714103326j:plain

ここまでの感想

最近のマザー、ビデオカード等全ての部品が進化してますね、当たり前ですがきちんと頼む時にスペックや仕様を確認しないとダメですね(^^ゞ

勉強になりました。ケースが来たら又ざっくりですが紹介したいと思います♪

 

ZOTAC GeForce GTX 1070 AMP グラフィックスボード VD6069 ZTGTX1070-8GD5AMP01
 

 

 

 

 

 

Cooler Master MasterLiquid ML240L RGB 水冷CPUクーラー [Intel/AMD両対応] FN1138 MLW-D24M-A20PC-R1
 

 

 






 

 

 

 

スマホ決済アプリ 7pay

最近は色々なスマホ決済が増えてますね

paypay・LINEpayは何度か使ってましたが今回はほぼ毎日買い物をするコンビニセブン・イレブンが "7pay" をリリースしたので早速ダウンロードして使ってみました。

 

ざっくりですが、ダウンロード⇒インストール⇒各登録・設定が済んだら下の画像になります

後はチャージをして矢印の部分をタップしたらバーコードが出てきて使えるようになります。

f:id:t-nrm:20190704132347j:plain

 

 

 こんなやつ↓↓バーコードをレジの店員さんに読み込んでもらえば決算完了!

 

f:id:t-nrm:20190704213014j:plain

 

チャージ画面  たまたま今日不正アクセスが有りクレジット・銀行口座からのチャージが出来なくなっています(^^ゞ

そして夜にはチャージ自体一時中止になりました・・・

 

f:id:t-nrm:20190704141654j:plain

 

nanacoポイントがチャージ出来るのは有難いです♪

下の画像の↓↓矢印からnanacoカードの登録が出来ます

 

f:id:t-nrm:20190704213858j:plain

 

こんな画面です

f:id:t-nrm:20190704214423j:plain

 

 早くチャージが出来るようになってくれたら良いですね(^^ゞ

あと今はまだセブンイレブンでしか使えないので色々な店で使えるようになれば便利です

セブン銀行カードを持ってる方は結構便利ですよ♪



 

 

トヨタ WISH 車幅灯(スモールランプ)交換

イカーも新車購入してから13年経ちました(^^ゞ

今までもあちこち修理しながら乗ってきましたが、そろそろ寿命が近そうな気がしてきました。

でも本当に動かなくなるまでは頑張って乗りたいと思っております♪

 

平成18年の TOYOTA WISH 10系後期の4駆です。ほぼ通勤での使用ですが走行距離約13万キロです。

苫小牧に住んでるとちょっとした買い物でも車が必要なのでしょうがないですね(^^ゞ

 

今日は車幅灯が切れていたので交換したいと思います

先週”Amazon”で注文して届いていたT10ソケットのLEDウェッジ球を取り付けます

10個入って649円でした

T10のウェッジソケットを買って自分でも作れそうですが多分買った方が安いんじゃないかと思います。でもLEDの質が悪いんでしょうね(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190702183612j:plain

 

 まずはボンネットOPEN!

久々にボンネット開けたら汚な!!

まあでも今は見ないふりして(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190702184146j:plain

ヘッドライトの直ぐ裏側にソケットのプラグがあります

これを回すと簡単に抜けます

f:id:t-nrm:20190702184658j:plain

時計回りに少し回して抜くだけです

f:id:t-nrm:20190702184840j:plain

DCには極性があるので+(プラス)-(マイナス)が合って無ければ光りません

f:id:t-nrm:20190702185712j:plain

まずは適当に差し込んでスモールランプの点灯テストをします

無事点きました♪あああ点いた画像撮るの忘れてました…(>_<)

f:id:t-nrm:20190702190243j:plain

助手席側はバッテリーが邪魔していてちょっと外しづらい位置にあります

f:id:t-nrm:20190702191317j:plain

手順はさっきと同じなので省きます

薄暗くなったので点灯させてみました

まずまずの明るさです。

f:id:t-nrm:20190715172235j:plain

 車幅灯の取り換え中に気づいたんですがヘッドライトのカバーがかなり黄ばんでました

なので次はこの黄ばみを取り除く作業をします。

f:id:t-nrm:20190702191659j:plain

Amazonさんにお世話になりそうです(^^ゞ

 それと10個入りだったのでナンバー灯の取り替えもしたいと思っています

 

 

 





 

 

 

格安SIMに切り替え

久々の更新です(^^ゞ

今回は使用していたドコモのスマホから格安SIMに変更したので

備忘録として書きます。

色々何処のSIMにするか悩んだ結果楽天モバイルにしました。

選んだ理由:

・一番はデビットカードの支払いが出来るから

・もう少しで4番目のキャリアになるので自社回線になるから多少の安心感がある

・同時に光回線も変更する予定なので、楽天光があるから

主な理由はこんな感じで、ゆるい考えです

使用スマホSony Xperia SO-02J compactです

楽天モバイルの動作確認済み端末に使用しているスマホがあったので問題無く使用出来そうです

今回は番号ポータビリティにしたいので、まずはマイドコモからMNP予約番号を発行しました

MNP予約番号の期限は取得後15日間でした

残日数が10日間以上あればOKらしいのですが今回は直ぐに楽天モバイルに申込するので問題無しです

早速、楽天モバイル(サイトURLhttps://mobile.rakuten.co.jp/)の申し込みへ

nanoSIM⇒スーパーホーダイ⇒データ通信2GB⇒ケータイ補償(500円/月)

オプションは無しの申し込みで楽天会員だと2年間は1480円3年目からは2980円でした

今までは約6500円前後の支払いでしたので3年目の金額でも半額以下で済みそうです♪

 

申し込みから3日後SIMカードが届きました

早速SIMカードを交換しAPN設定をして使用開始!

特に問題無く使用できています(^^♪

やるまではなかなかヨシ!という気にはなれずにいましたが、結構簡単だったのでもっと早くにやれば良かったなと思いました(^^ゞ

今のところ通話、データ通信ともに問題無く使用できていますが

使用開始してまだ1週間程なので又何か(不具合)あれば追記していきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糸かけ曼荼羅?

もうすぐ冬も終わりますね

大工系のDIYは寒くてあまりやる気がしないので家での暇つぶしに、あれこれネットサーフィンをしながら日々アンテナを張っています(^^ゞ

そうしたら”糸掛け曼荼羅なるものを見つけて

『お!やってみたい』ということに(*^^)

あれこれ調べてみると、道具だけは家にある物以外買う必要が無いみたいなので早速材料を100均で買って挑戦してみることにしました。

用意したもの

・金槌

・釘(17mm~30mm位)

・板(20cm~30cm位で厚みが10mm以上のもの)

・糸(100均の刺繍糸)

・タックシール(簡単に剥がせれば何でも良さそう)

・型紙(エクセルで作製)

 

まずはエクセルを使って64ピンの為の円を描いて印刷

f:id:t-nrm:20190302142055j:plain

A4いっぱいに描いて A4⇒A3サイズに拡大

f:id:t-nrm:20190302142223j:plain

円の直径は約22cm程になりました

家にあったMDFの板を使います

サイズは30cm×26cm 厚み12mmです

f:id:t-nrm:20190302142342j:plain

テープで型紙を板に固定

f:id:t-nrm:20190302142512j:plain

板の中心と型紙の中心を合わせて仮止め

f:id:t-nrm:20190302142614j:plain

家で余っていたフロアー釘を使います

サイズは長さが38mmで平頭

ネットで調べたら真鍮釘(長さ17mm~25mm)を使っている方が大半でした

f:id:t-nrm:20190302142718j:plain

一応釘が板を貫通しないように約1cmのところにマジックで印を付けました

印が隠れる位打ち込めば貫通しないはず(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190302143029j:plain

あとはなるべく曲がらないようにと高さが均一になるように打ち込みます

 釘打ちが苦手な人はこんな便利な物もありました↓

【サイプラス】クギ打ち王

【サイプラス】クギ打ち王

 

 

f:id:t-nrm:20190302143227j:plain

やっぱり機械的に均一には打てませんね(^^ゞ

とりあえず全部打ち込んでから多少修正します

f:id:t-nrm:20190302143342j:plain

64本打ち込み完了!!

f:id:t-nrm:20190302143514j:plain

型紙を破いて取り除きます

f:id:t-nrm:20190302143744j:plain

曲がりがひどいものと打ち込み不足で出っ張っている釘を修正

f:id:t-nrm:20190302143835j:plain

タックシールで番号を貼り付けます

初めてでまだ要領も解りませんが一番上の釘が0では無く多分64番だと思うので

64、5、10、15、20、25、30、35、40、45、50、55、60、

番迄シールを作製しました

f:id:t-nrm:20190302144021j:plain

5本置きにシールを張って準備完了!

f:id:t-nrm:20190302144316j:plain

100均で2種類の糸を購入しました

色が多い方はちょっと細めです

f:id:t-nrm:20190302144432j:plain

では早速糸を釘に掛けて行きます

スタートは一番上の釘(64番)に固結びで留めます

掛け方はちょっと文章では伝わりづらいかもしれませんが

64ピンにした場合は、64の半分の32以下の素数を順番に使って掛けて行きます

32以下の素数は 31,29,23,19,17,13,11,7,5,3,2、です

なので1段目は31の素数を使ってかけていきます

f:id:t-nrm:20190302144605j:plain

64からスタートして31づつ足した数の釘に掛けていきます

31,62、次は93になりますが64を超えた場合は64を引いて29番目の釘に掛けていきます

なので31,62,29,60,27,58,の順に掛けていき最後は必ず64番に戻ってきますので結んで1段目が終了です。

掛けて行けばパターンがあるので慣れてきたら計算しなくても出来るようになりますね(*^_^*)

f:id:t-nrm:20190302145645j:plain

一応一段目が終わりましたが思っていたより糸が細くて何かイメージと違ったので一回外して太い刺繍糸でやりなおしました(^^ゞ

f:id:t-nrm:20190302150213j:plain

太い糸で1段目完成!

f:id:t-nrm:20190302150418j:plain

掛け終わったら2段目に行く前に糸を釘の下の方に下げておきます

f:id:t-nrm:20190302150530j:plain

2段目は青い糸を使いました

素数は29です

同じ要領で64からスタート

29,58,23,52…と順番に掛けて行きます

f:id:t-nrm:20190302150646j:plain

どんどんいきましょう!

3段目は黄緑色

素数は23

キレイです♪

f:id:t-nrm:20190302151000j:plain

必ず最後はスタートに戻るのと全部の釘に掛かるので間違っていたら途中で気付くはずです。

パターンさえ解れば掛けるスピードも上がっていきます♪

6色入りだったので6段目までかけてみました(*^^)

f:id:t-nrm:20190302151100j:plain

タックシールを剥がして完成です(*^_^*)

f:id:t-nrm:20190302151233j:plain

初めてでしたが何とか完成できました

折角なので壁に掛けて飾れるようにしたいと思います♪

f:id:t-nrm:20190302151333j:plain

結構楽しいし良い暇つぶしが出来ました

まだまだ知らない趣味がありますね

日本糸曼荼羅協会ていうものがあるのも知りませんでした(^^ゞ

飾ってもキレイなので是非挑戦してみて下さい(*^_^*)

 

  

糸かけ曼荼羅の制作用48ピン焼桐板

糸かけ曼荼羅の制作用48ピン焼桐板

 

 

大里 真鍮釘 250グラム 丸頭 太さ#17長さ19ミリ 中身入数(約) 960本 (HP-461)

新品価格
¥1,055から
(2019/3/2 15:21時点)

 

LIHAO 手縫い系 100%ポリエステル素材常備糸 ソーイング糸 39色セット 裁縫 手芸 刺繍用糸 約200メートル

新品価格
¥899から
(2019/3/2 15:23時点)



 

スマホ QRコード

今年初ブログです(*^_^*)

今年もよろしくお願いします

今日はスマホのLINEの便利な機能紹介します

先日知人からスマホQRコードの画像が送られてきたのですが、一瞬あれ?この画像を別のカメラで撮影してから読み取る??

そこで思い出したのがLINEのQRコードリーダーです

まずLINEを開いて友達追加を押します

f:id:t-nrm:20190209104534p:plain

次にQRコードを選びます

f:id:t-nrm:20190209104610p:plain

そしてライブラリを選びます

f:id:t-nrm:20190209104649p:plain

そうするとスマホ内の画像ライブラリからQRコード画像を選べば読み込めます(*^_^*)

以外と周りに知らない人が多かったので紹介しました

たまにしか使わないですが、知ってればいざという時に役立ちます♪

【3本セット】Tronsmart USB Type C ケーブル 金メッキコネクタ USB-A to USB-C ケーブル Type-C USBケーブル 3A急速充電 56Kレジスタ実装 高耐久ナイロン編み USB-IF認証取得 タイプC 充電ケーブル Xperia XZ/Nintendo Switch/Google Pixel/Galaxy S9/iPad Pro他対応(0.3m×1本、1m×1本、1.8m×1本)

新品価格
¥980から
(2019/2/9 10:53時点)

 

世界一やさしい LINE 最新版 (インプレスムック)

新品価格
¥518から
(2019/2/9 10:55時点)

 

リョービ電動ドリル RYOBI MD-10 分解

今日は祖父の家で見つけた故障しているリョービの電動ドリル(MD-10)をもらってきたので分解してみます。

まずは起動テスト


故障ドリル確認

うんともすんとも言いません(^^ゞ

まずは8か所あるビスを外していきます

f:id:t-nrm:20181221202043j:plain

開けてみると思っていたよりキレイでした

f:id:t-nrm:20181221202148j:plain

怪しいと思ったのはスイッチとブラシ

スイッチはテスターで問題無かったのでブラシを確認

全然問題無し  治せないかも・・・??

f:id:t-nrm:20181221202239j:plain

メインのモーター軸

こうなるとお手上げです

何処が悪いか全く解りません(^^ゞ

f:id:t-nrm:20181221202501j:plain

ブラシがあたる部分が汚い位なので一応磨いておきます

f:id:t-nrm:20181221202645j:plain

ヤスリでだいたいキレイになりました

f:id:t-nrm:20181221202753j:plain

もう出来る事が無いのでゴミを取ったり多少キレイにして元に戻しました

恐る恐る起動確認


ドリル起動確認

 ?ブラシ部分が火花を出しながら少し回って止まってしまいました(>_<)

でも分解清掃で多少回ったのが不思議です

でも私の知識ではこれ以上は無理なので諦めます

 

もし原因が解る人居たら教えて下さい(^^ゞ

自作卓上ディスクサンダー、安定化電源

前回のPMWモーター制御装置の続きです

 

まずは実家で使っていたブラック&デッカーのドリルドライバーが壊れていたのでモーター部分を取り出したものです。

幸い壊れてたのはバッテリー寿命と充電器の不具合でしたのでモーター部分は生きていました。

 

これを利用して作っていきます

f:id:t-nrm:20181215092548j:plain

プロクソンのミニルーターを取り付けてミニボール盤を作ろうと思っていたものを土台にして仮に作成します

f:id:t-nrm:20181215092901j:plain

平面に水平におくには凸凹があるので一番出っ張った部分に合わせて板が必要です

f:id:t-nrm:20181215093603j:plain

出っ張りを測ったら約5mmだったので2mmと3mm厚のアクリル板を2枚重ねることにしました

f:id:t-nrm:20181215093740j:plain

仮置きしてみたらほぼ水平になったのでバンドを締めます

f:id:t-nrm:20181215093936j:plain

横から見たらこんな感じです。だいたいOK

f:id:t-nrm:20181215094045j:plain

会社で廃棄予定のPCから電源をもらってきました

これで安定化電源を作って利用します

箱を開けて線をコネクタから切り離しました

f:id:t-nrm:20181215094201j:plain

いらない線を切り詰めていきます

f:id:t-nrm:20181215094408j:plain

線の束の中にある緑色の線と黒色のマイナス線を繋ぐと電源のファンが回り使えるようになります

f:id:t-nrm:20181215094444j:plain

短絡(ショート)させれば使えますが一応スイッチを取り付けます

f:id:t-nrm:20181215094703j:plain

テスターを使ってスイッチの導通を確認してから緑色と黒色の線を繋ぎます

f:id:t-nrm:20181215094909j:plain

ここの上下に繋げればOKです

f:id:t-nrm:20181215095020j:plain

電源ケースに8mmの穴を開けてスイッチを取り付けます

f:id:t-nrm:20181215095126j:plain

開けました

f:id:t-nrm:20181215095250j:plain

裏からスイッチを入れて固定します

f:id:t-nrm:20181215095343j:plain

スイッチの線と電源のスイッチ線を繋げてスミチューブで絶縁

f:id:t-nrm:20181215095454j:plain

こんな感じです

f:id:t-nrm:20181215095617j:plain

もう一か所5mmの穴を開けて使用する線を出します

ちょっと解りづらくなってしまいましたが黄色の線に赤い線を繋げて延長したので

長い赤い線が12V来ています

 

PC電源の電圧

黄色=12V

赤色=5V

オレンジ色=3V

になっています

f:id:t-nrm:20181215095701j:plain

 これで一応試験の準備は完了です

ディスクサンダー用のラバーパットを使います

f:id:t-nrm:20181215231218j:plain

直径125mmのマジックテープタイプです

f:id:t-nrm:20181215232003j:plain

ドリルチャックにセット

f:id:t-nrm:20181215232119j:plain

電源とPMWモーター制御装置に接続して回転試験をしました


卓上ディスクサンダー自作

これで後は専用の台座を作成すれば使えそうです(^^♪

 

12-110V AC/15-160V DC300W DCモータ 速度ドライバコントローラ 速度コントローラレギュレー PWM速度制御

新品価格
¥2,058から
(2018/12/15 23:57時点)

H&H マジック付ラバーパット 125mm MRPC-125 329312

新品価格
¥498から
(2018/12/15 23:59時点)

 

HiLetgo 10個セット AC 6A/125V シングルジョイント トグルスイッチ オン/オフ SPDT ミニ 2ポジションラッチ トグルスイッチ [並行輸入品]

新品価格
¥630から
(2018/12/16 00:00時点)

 

また見てね(^^)/<